落柿舎(らくししゃ)


e0055532_6213041.jpg

「落柿舎」は、
江戸時代の俳人で、
芭蕉の弟子の一人である、
”向井去来”の隠棲場所。





e0055532_6214756.jpg

~「落柿舎」の名の由来~

江戸時代に、ある商人が落柿舎の柿を買う約束をしたところ、
大風のため一夜にして柿の実が全部落ちてしまった、
という故事によるものだそうです(^^;

庭には、たわわに実った柿の木が・・


e0055532_622466.jpg

家人の在宅を示す
蓑と笠(^^)


e0055532_6253922.jpg

庭には二人の句碑がありました。


e0055532_623048.jpg

柿主や こずゑはちかき あらし山

去来


e0055532_6232531.jpg

五月雨や 色紙へぎたる 壁の跡

芭蕉


e0055532_6234029.jpg

「落柿舎制礼」

なかなか面白いですね(^^)v

当時から、煙草の煙は、
あまり好まれてはいなかったのかな?(^^;(笑)



[PR]
by kmaroon | 2007-12-09 06:47 | 風景
<< 大覚寺 ひとやすみ(^^; >>